Yomiuri Online 2017年10月04日 09時29分

 【上海=吉永亜希子】米政府系放送局ラジオ自由アジア(RFA)は2日、中国のイスラム系少数民族の居住地となっている新疆ウイグル自治区の政府が一部地域で、各家庭に習近平シージンピン国家主席の肖像画を配布し、目立つ場所に掲げて敬意を示すよう、強制していると報じた。

 中国では漢族を中心に建国の父・毛沢東の肖像画を飾る家庭は多いが、現役指導者の肖像画掲示が要求されるのは異例だ。中国では今月18日開幕の共産党大会を前に、個人崇拝も連想させる習氏を巡る宣伝が展開されている。少数民族の反政府の動きに神経をとがらせる地元政府が、習氏や共産党への忠誠をはかる「踏み絵」として、肖像画を利用する可能性もある。
 報道によると、10月1日の「国慶節」(建国記念日)でも、ウイグル族ら少数民族が記念行事への参加や国歌斉唱を強いられたという。


http://www.yomiuri.co.jp/world/20171004-OYT1T50010.html