2017.2.15 産経ニュース

亡命ウイグル人でつくる「世界ウイグル会議」議長で民族運動家のラビア・カーディル氏が14日、鎌倉市議会を訪問し、ウイグル人に対する中国政府の弾圧の現状を訴えた。

議場にはかつてウイグル人らにより樹立された「東トルキスタン共和国」の国旗を掲揚。ラビア氏は「中国による弾圧で、ウイグル人は迫害され、街は武装警官や警察犬であふれかえり、宗教、文化が次々と破壊されている」とした上で、「鎌倉から世界にウイグル人の悲劇を伝えてください」と述べた。

同市議会では昨年6月、中国によるウイグル人などの少数民族に対する抑圧に憤りを表明した意見書を採択している。

同会議によると、ウイグル人が多く住む中国西端の新疆ウイグル自治区では1950年代以降、中国による弾圧が強まっている。

同会議は2004年に設立された世界最大のウイグル人組織。

http://www.sankei.com/region/news/170215/rgn1702150068-n1.html