新疆ウイグル自治区、安定化のため開発が必要=李克強・中国首相
ロイター 2016年3月11日


[北京 11日 ロイター] – 中国の李克強首相は政府高官らに対し、新疆ウイグル自治区の中心部における開発に尽力する必要があるとの見解を示した。新疆日報が11日報じた。

李首相は新疆について「戦略的に特に重要な地域」と言明。「この地域の開発と安定は、国家ならびに民族の結束や国家安全保障に影響を及ぼしている」と述べた。

さらに、新疆でも騒動の大半が発生している南部に関して「現地環境の実情に即し、環境にも優しい」企業が操業できるよう「指導を行う必要がある」と発言。「若者を中心に、住民に収入源を与えるべきだ」と話した。

新疆は中央アジアとの国境に接する資源の豊かな地域。政府はイスラム系武装集団などによる脅威に直面しているとしているが、亡命者や人権保護団体は、武装集団が政府と戦っているという説得力のある証拠を政府が示したことはないと主張。住民であるイスラム系のウイグル族は文化や宗教を中央政府の支配下に置かれており、これが新疆における社会不安の原因だとみている。

ソース http://jp.reuters.com/article/china-parliament-xinjiang-idJPL4N16J1Z3