7月3日午後16時より、日本ウイグル連盟はウルムチ事件を記念し、中国大使館前で抗議行動を行いました。
抗議行動で読み上げた、ウルムチ虐殺7周年記念日における声明文は以下のとおりです。
IMG_0634 IMG_0640

“7・5ウルムチ虐殺”7周年記念日における声明

2009年7月5日ウイグル(東トルキスタン)のウルムチ市で行われた平和的デモ及びこのデモに対する中国当局の武力弾圧は1989年6月4日の“天安門大虐殺”と性質を同じにします。これは、中国共産党及びその政権が起こした最も大きな犯罪です。
2009年7月5日の大規模な殺戮で命を落としたすべての方々や、その後の逮捕や拷問などで殺害されたすべての方々の御冥福をお祈り致します。同時に、7・5ウルムチ平和デモに関連し、逮捕されたすべての人々の1日も早い釈放を求めます。7・5ウルムチ平和デモに関連し、何千もの人々が強制失踪させられ、消息を絶っています。彼(彼女)らの安否を求めてご家族が中国当局に尋ねても、当局は協力して答えるどころか、逆に脅したり、逮捕し投獄したりして、強制失踪者のことを極力隠蔽しています。有名な“行不明者の母”パティグリ・ゴラム女史の境遇はそのいい事例です。
2009年7・5ウルムチ虐殺以降、中国当局はウイグル人に対する弾圧をより一層強化し、国際社会の懸念を完全に無視し、ウイグル人の基本的人権を踏み躙り、政治、経済、教育、文化、宗教などのあらゆる分野における疎外、排除、差別、分離、同化を意図的に強め、ウイグル人の人間としてのプライドを叩き潰し、ウイグル人に対する民族浄化を図っています。
追い詰められたウイグル人が抵抗すれば、その抵抗の形を一切問わず、“テロ”と決めつけて、現場で発砲して殺害しています。2013年6月26日の46人も犠牲になったピチャン県ルクチュン鎮事件、2014年7月28日の2000人以上が虐殺されたヤルカンド事件、そして今年5月28日ウルムチの未成年政治囚収容所で起きた脱獄と当局の未成年たちに対する容赦ない殺戮事件などは、すべて中国当局の大規模な弾圧や虐殺の事例です。
中国当局の凄まじい弾圧は、一方では一般の中国人のウイグル人に対する憎しみを引き起こし、ウイグル人が一般の中国人からも襲撃される事件が頻発しています。2009年6月26広東省韶関市の工場で数千に及ぶ中国人労働者のウイグル人労働者に対する大規模な襲撃事件はその事例です。この事件で、該当工場で勤務していたウイグル人労働者20人前後が殺害され、百数十人が負傷しました。中国当局はこの前代未聞の民族殺戮を隠蔽し、殺人を起こした中国人たちを厳粛に処罰しなかったために、2009年7月5日ウルムチで当局の対応に抗議し、韶関事件の真相を明かすことを求めてウルムチの大学生や市民がデモを起こしました。しかし、中国当局は人々の正当な要求に対し、武装警察や治安部隊の発砲と殺戮で答えました。“7・5ウルムチ虐殺”は中国当局が起こした人類に対する犯罪です。
この7年間、数多くのウイグル人男女が“7・5ウルムチデモ”に関連して強制失踪させられたままです。この人たちは警察当局の拷問を受けた時死んだのか、中国で問題になっている臓器狩りの犠牲になったのか、どちらかで姿が消されているはずです。
中国当局はウイグル人を凄まじく弾圧すると同時に、地域経済からも取り残されるような施策を実施しています。中国政府は2000年に西部大開発政策の採択をして以来、大規模な投資を行い、急速かつ広範な経済成長をもたらしていますが、ウイグル人には全くその恩恵が及ばず、経済的な貧困と高い失業率が続いています。これは、中国当局が雇用市場において、ウイグル人を差別する施策を取っているためであると言わざる得ないでしょう。
2009年の“7・5ウルムチ虐殺”の七周年を記念し、日本ウイグル連盟は以下のことを中国当局や国際社会に要求します。

一、2009年6月26日の広東省韶関市の工場でおきたウイグル人に対する集団殺害事件の真相を明かすために、国際社会からの中立的調査を受け入れ、事件の真相を解明すること。

一、2009年7月5日中国当局がウルムチで行ったデモ参加者たちに対する大規模な殺戮の真相を明かすために、国際社会からの中立的調査を受け入れ、事件の真相を解明すること。

一、2009年7月5日のウルムチデモに参加して逮捕されたすべての人々を無条件に釈放すること。

一、2009年7月5日のウルムチデモに関連して逮捕され、その後強制失踪させられた人々の状況を説明し、その家族などに真相を明かし、加害者を処罰し、被害者を救済すること。

一、国際社会は中国当局のウイグル人に対する人権侵害を許してはなりません。国際人権基準を満たすようさまざまな方法で中国当局に圧力をかけるようにお願いします。また、強制失踪防止条約を批准するように、市民的及び政治的権利に関する国際条約を批准するように、中国当局に要求することをお願いします。

日本ウイグル連盟