「中国における”臓器狩り”を告発する」
ドキュメンタリー映画「知られざる事実」上映会
ウイグル医師アニワル・トフティ氏の証言

中国における良心“政治犯”の臓器を収奪する事実を告発するドキュメンタリー映画『知られざる事実』を上映すると同時に、世界で最初に自ら良心”政治囚”の内臓を生きたまま取り出したことを告発したウイグル人医師-アニワル・トフティ氏に証言をして頂きます。

貴重な機会ですので、是非ご参加をお願い致します。

主催:日本ウイグル連盟

協力:移植ツーリズムを考える会、EOP国際ネットワーク

時間:2017年4月23日(日)18:30~20:30

場所:文京シビックセンター区民会議室 4F シルバーセンター ホール

資料代:1,000円

〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21
◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)>文京シビックセンター連絡通路【直結】


ドキュメンタリー映画「知られざる事実」

医師がいかに殺人者となり、私たちがなぜ黙視してきたのか

詳細はこちら: HTB-PressKit_jp.pdf (545kb)

11の映画賞を受賞
米国PBSテレビで40回以上放映
『ビデオ・ライブラリアン誌』で教材として「推奨」

○解説

異見者や信念のために自国民を殺害する政府はこれまでもありました。しかし、このようなことはありえませんでした。

よくあることだから世界が目を向けないのでしょうか?それとも経済的な影響が絡んで、報道されないのでしょうか?臓器売買のために医師が無実の人々の臓器を切り取っていることは信じられません。主要メディアが調査していないことはさらに信じがたいことです。何万回も行われ、今も行われているのです。

『知られざる事実』は中国の良心の受刑者から臓器が強制的に摘出されている問題と、世界の反応(ほとんど反応がないこと)を取り上げています。
制作:Swoop Films
監督:ケン・ストーン(エミー賞受賞監督/制作者)、アイリーン・シルバー

○批評

『現代の大惨事にあたる人権侵害』をなぜ世界が黙視するかを初めて持続的に調査
– Daily Mail

PBSで放映されたこの啓発的で 心を深くかき乱すドキュメンタリーです。
高く推奨します
-Video Librarian Magazine

臓器提供、臓器移植、人権、ヘルスケア、倫理、法律に関わる者にとって
極めて重要なドキュメンタリー
– Journal of Bioethical Inquiry

現代最悪の人権侵害問題についてのタイムリーで重要な深く心を揺さぶる解説
– ニューヨーク大学 医療倫理学部創設理事 アーサー・キャプラン博士

「これほどまでの証拠を前になぜ世界が行動を起こさないのか」
– The Daily Beast

「政治的囚人を処刑しその臓器を移植ツアーのために売っている中国政府が広域に行う事実を暴露」
– Broadway World

「この売買行為について、そして地球全体のほとんどの者が黙視している理由を
包括的に洞察した初のドキュメンタリー」
– The LAD Bible

「中国で生きたまま臓器を摘出する問題の虚実を掘り下げた作品」
– Kicker Daily News

「臓器移植のイメージに泥を塗るスキャンダル。一国が生命の贈り物を故意の収奪に変えてしまった衝撃的な事実を、ドキュメンタリーを通して見て欲しい」
– バーミンガム大学病院NHS基金信託 腎臓学 腎医療専門医 アドナン・シャリフ医師

「世界に衝撃を与え、深く考えさせる重要なドキュメンタリー」
– オーストラリア、ボンド大学 倫理学博士 カトリーナA. ブラムステッド教授

21世紀の医療界にとって実に不穏な題材に敢えて着手したドキュメンタリー。
この犯罪のおぞましさは中国の外科医、E.トフティ医師の短い証言に要約される。
「覚えておくように…今日は何も起こらなかったな」
– 臓器の強制摘出に反対する医師団(DAFOH)常任理事 トルステン・トレイ医師/博士

○受賞一覧

Winner of Best Documentary, 2016 Hoboken International Film Festival
Winner of Outstanding Achievement, Accolade Global Film Competition 2015 Humanitarian
Winner of Outstanding Achievement, 2015 Global Film Awards Humanitarian Award
Six Awards of Excellence, 2015 Accolade Global Film Competition in the categories of:
Documentary Program / Social Change / Religion / Ethics / Health / Medicine
Award of Excellence, 2015 IndieFEST Global Film Award in the categories of
Liberation / Social Justice