日本ウイグル連盟主催講演会 中共の民族政策の変遷と民族浄化

今年10月1日は中華人民共和国建国67周年、所謂“新疆ウイグル自治区”設立61周年になります。その間、中共のウイグル人に対する民族政策は50年代から現在まで、数回にわたって変化しています。しかし、具体的政策は如何に変化しても、その中心を成すのはウイグル人を段階的にいわゆる“中華民族”に同化していく国家戦略です。
今回の講演会では、中国人の相林氏(民主活動家)と当連盟会長でウイグル人のトゥールムハメット(ウイグル独立運動活動家)がそれぞれの立場から、中共の民族政策の変遷とその裏に潜んでいる“民族浄化”の意図について討議を行います。

日本ウイグル連盟主催講演会
中共の民族政策の変遷と民族浄化
講師: 相林 氏
    トゥール ムハメット
場所: しんじゅく多文化共生プラザ
時間: 2016年10月1日 (土) 18:00〜20:00
参加費: 無料 (事前申し込みは不要です)
住所: 東京都新宿区歌舞伎町2丁目44番1号 11階

アクセス方法:
西武新宿駅北口より徒歩2分
大江戸線新宿西口駅D3出口より徒歩5分
JR新宿駅東口より徒歩7分
丸の内線新宿駅B13出口より徒歩7分
大江戸線東新宿駅A1出口より徒歩8分
副都心線東新宿駅A1出口より徒歩8分
副都心線新宿三丁目駅E2出口より徒歩10分
丸の内線新宿三丁目駅E2出口より徒歩10分
都営新宿線新宿三丁目駅E2出口より徒歩10分