2015年10月18日、日本における世界ウイグル会議の人権活動に参加しているウイグル人が都内のホテルで会議を開き、日本におけるウイグル人の組織を再建することを協議しました。この会議には、当日日本訪問中の世界ウイグル会議総裁ラビヤ・カディール女史、副総裁セイット・トムチュルク氏、同オマル・カナット氏も参加しました。

協議の結果、新しいウイグル人の組織を立ち上げることが決定され、トゥールムハメット氏は会長、アリプ・ミジティ氏が副会長に選出されました。理事会はトゥール・ムハメット、アリプ・ミジティ、ムフタル・アブドゥラフマン、グリスタン・エズィズィ、セイット・トムチュルク、オマル・カナット(敬称略)の6人で構成されることが決まりました。
その後、理事会の協議により、組織の名前を”日本ウイグル連盟”に決定し、世界ウイグル会議に報告しました。
今後、日本で活動しているウイグル人は日本ウイグル連盟の下で団結し、世界ウイグル会議の統一指導の下で活動します。
日本ウイグル連盟の役員:
会長 トゥール・ムハメット
副会長 アリプ・ミジティ
理事 ムフタル・アブドゥラフマン、グリスタン・エズィズィ、セイット・トムチュルク、オマル・カナット(敬称略)

事務局住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目3-11 NCKビル4F
Tel 03-5840-6460 Fax 03-5840-7454
E-mail: rare.metal09@gmail.com

以上

注)2019年2月現在、日本ウイグル連盟は世界ウイグル会議とは別の立場で活動し、事務局住所も変更しています。また、アリプ・ミジティ、グリスタン・エズィズィは辞任しております。